投資 売買記録

2021/12/11 来年の段階的利上げはほぼ確定。小型ハイグロース株全滅予想でも保有し続ける理由。

yahoofinance-watchlist-2021-12-11

私は小型ハイグロース株中心のポートフォリオを運用しています。

今年中盤まではイケイケで、確か運用パフォーマンスも年初来で+30%前後には達していたと記憶しています。

しかし、2021/12/11時点で含み益は殆ど消えました…。

今年後半から、オミクロン株の出現、テーパリング、来年の利上げ等々を相場が折り込み始め、株価が大きく下落したからです。

来年に利上げが実行されれば、おそらく私のポートフォリオは今まで以上に大きな損失を被るでしょう。最悪-30~40%下落する可能性はあると考えています。

しかし、それでも来年 高パフォーマンスが期待されているリオープニング銘柄やディフェンシブ銘柄に乗り換えることなく、またポジションをいくらか解消してキャッシュ比率を高めることもなく、あえて-30~40%の下落を受け入れた上で、小型ハイグロース株を保有し続けるつもりです。その理由をまとめておきます。

個別株投資に疲れた…

正直、決算があるたびに保有銘柄の状況を確認するのは大変です。たとえ保有銘柄数が少なくても、です。

また、コロナウイルス等、不確実なイベントによって景気が左右され、それが株価に影響し、自分の資産が増減するのを眺めるのは精神的に辛いです。

いつのまにか、常に株価のことを気にしながら生活しています。こうなると他のことに集中できません。とてつもなくQOLが下がっています。

もうこんな生活は嫌なので、個別株投資からは卒業します。今保有している株を放置します。少なくとも10年間はほったらかしにする予定です。

投資をするより好きなことでお金を稼いだほうが豊かな人生が送れる

もちろん、個別株投資に挑戦し続けて億単位の資産を築くことにはとてつもない魅力を感じます。

しかし、数年個別株投資に挑戦してみてわかったことですが、個別株投資は得られるリターンと比較して失うものが多すぎます。

失った時間を補ってあまりある利益を出せれば、投資をやっていて良かったとなるかもしれませんが、実際 個別株投資で稼ぐのはそんなに簡単ではありません。膨大な知識が必要になりますし、勉強して知識を身につけたからといって勝てるわけではありません。また、勝っても負けても精神的ストレスが大きいです。

私の場合、このまま数年個別株投資を続けて億単位の資産を築ける可能性と、たいして稼げない可能性とを比較すると、後者のほうが実現する可能性が高いだろうと判断しました。

であれば、もう個別株投資は卒業して、好きなことでお金を稼いだほうがマシです。

ということで、今保有している個別株は、たとえ来年-30~40%下落する可能性があったとしても保有し続け、放置し、個別株投資から卒業することしました。

個別株投資から卒業するなら、個別株はすべて売却すればいいのでは?という考えもありますが、もしかすると10年後に数倍になっている可能性もあります。なので、まぁ、宝くじ的な感じであえて売却せずに10年間放置してみます。ある種の実験です。

ETF投資は続ける

ちなみに、個別株投資からは少なくとも10年間足を洗う予定ですが、ETF投資は続けます。

ETF投資は自分にとって超簡単なんですよね。おそらくほとんどの人にとってストレスなく取り組める投資法だと思います。たいして知識がなくても始められますし、リスクも低いです。にもかかわらず、上手くポートフォリオを作れば、長期で年利10%以上のリターンを狙えます。

私は運用総資産の約60%をETF投資で運用しています。今後はETF投資を中心に投資を続けていく予定です。

はぁ、正直やっと個別株卒業すると決断できてよかったです。これから老後に向けて個別株投資のストレスを背負い続けながら生きていくのは無理です…。心身ともに急激に老けます。遅かれ早かれ病気になってしまうでしょう。

今後は「どれだけ稼ぐか」ではなく「どれだけ人生を楽しむか」を重視して生きていきたいと思います。

-投資, 売買記録