節約 クレジットカード

EX予約で交通費(新幹線)を節約するために、ビックカメラSuicaカードを作るべき?

私は関西在住ですが、たまに出張で東京方面へ行くことがあります。毎回そのときに思うのは…

 

新幹線代…高いな…

 

です。

軽々と1万円超えますからね。往復だと3万円近くになります。高すぎます。どうにかしてこの新幹線代を安くしたいところです。

もしかするとご存知かもしれませんが、新幹線代はJRが提供しているEX予約エクスプレス予約)というサービスを利用すると安くなります。

EX予約とは?

EX予約とは、新幹線代が割引されたり、予約の変更が無料になったり、チケットレスで改札を通れるようになったりと、新幹線がより快適に利用できるようになるサービスです。

EX予約を利用するには、年会費 約1100円(税込み)支払う必要があります。ただ、1回 東京↔新大阪を往復(-2200円割引)するだけで年会費は取り戻せます。かなりお得なサービスです。

 

しかし、EX予約を利用するためには、「ビューカード」を作る必要があります。

 

ビューカードとは、Suica機能が付いたクレジットカードのことです。基本的にJRは、ビューカードユーザーにしかEX予約の利用を許可していません。

カード一覧:ビューカード

ビューカードにはいくつか種類がありますが、もっとも人気なのは「ビックカメラSuicaカード」です。

EX予約にビックカメラSuicaカードがおすすめな理由

  • ポイント還元率
  • 実質年会費無料

ビックカメラSuicaカードは、数あるビューカードの中で最もポイント還元率が高いです。なんとポイント還元率11.5%

しかも、年に1回でも使えば年会費524円(税込み)が無料になります。

記事執筆時点で、「ポイント還元率11.5%」と「年会費無料」を兼ね備えたビックカメラSuicaカードよりお得なビューカードは他にありません。

ビックカメラSuicaカードを使うメリット

ビックカメラSuicaカードを作れば、冒頭で書いたEX予約を利用できるようになるので、新幹線代が安くなります。

その他にも、簡単に新幹線チケットの予約ができたり、手数料無料でキャンセルできたり、お得な点はいくつかありますが、「新幹線代が安くなる」というのが最も重要な点です。それ以外は…まぁ、極論どうでもいいです。

もし、年に10回以上新幹線に乗るのであれば、ビックカメラSuicaカードを作って、EX予約で新幹線代を安くしたほうが良いです。

たとえば、東京から新大阪までの新幹線代(片道)は14720円ですが、EX予約を使うと13620円(-1100円)になります。往復で2200円も新幹線代が安くなります。年10回往復すると2万2000円もお得です。

ビックカメラSuicaカードを使うデメリット

ただし、ビックカメラSuicaカードを作るとなると、必然的にクレジットカードの枚数が増えてしまいます。ミニマリストを目指している私としては、できればクレジットカードが増えるのは避けたいところです。

また、ビックカメラSuicaカードは法人名義では作れません。ですので、ビックカメラSuicaカードでEX予約を利用して新幹線代を支払った場合、その支払額は個人名義のクレジットカードの支払いとして請求されます。

 

要するに、仕分けが面倒になります。これが私にとっては一番のデメリットです。

 

可能であれば、出張の交通費は全て法人クレジットカードで支払いたいので。わざわざ個人用のクレジットカードで支払って、その請求を経費扱いにするためにゴニョゴニョ…

みたいな面倒なことはしたくありません。

あえてビックカメラSuicaカードを作らないという選択もありでは?

最低でも年に10回以上新幹線を利用する人であれば、仕分けの面倒さを引き受けてでも、ビックカメラSuicaカードを作ってEX予約を利用するほうが良いと思います。かなりお得なので。

しかし、年に10回も新幹線を利用しないなら、あえてEX予約は使わないという選択もありだと思います。

クレジットカードが増える、仕分けが面倒になるというデメリットが、新幹線代が安くなるというメリットを上回ってしまう気がします。

結論:ビックカメラSuicaカードは作らないし、EX予約も使わない(ミニマリズム優先)

  • クレジットカードが増えることによる精神的負担
  • 新幹線代の仕分けの負担
  • 新幹線の利用頻度はそこまで多くない(毎年10回以上利用するわけではない)

私は、上記の3点を理由に、あえてビックカメラSuicaカードを作らないことにしました。EX予約も使いません。

クレカが増えることによる精神的負担にくわえて、仕分けの面倒さを考慮すると…、あえて作らないほうがQOLが上がる気がします。

もし、年に10回以上東京方面へ行くようになれば、そのとき改めて考えることにします。

-節約, クレジットカード

© 2021 トラベルノマド