筋トレ 健康

SBDパワーリフティングベルト購入後のレビュー(Mサイズ)

SBDパワーリフティングベルトが届いたのでレビューしたいと思います。

購入前の記事で、「私のウェストは85cmだから、MサイズにすべきかLサイズにすべきか迷う」と書きました。

BIG3すべて100kg達成めざしてSBDベルトを購入しました。

最終的にMサイズを購入したのですが、ジャストサイズでした。完璧!

ベルトそのものの完成度が高いので、長期間使っても壊れにくそうです。価格に見合ったクオリティですね。

約3万円もするので購入に躊躇しましたが、現時点では購入して良かったと感じています。

ただ、ちょっと気になる点もありましたので、その点を含めてSBDパワーリフティングベルトの感想を書いておきます。

SBDパワーリフティングベルト開封の儀

SBDパワーリフティングベルト_01

SBDパワーリフティングベルトは、上画像のように段ボールに入った状態で届けられます。

3万円もしたわりには、あっさりした梱包です。ま、梱包資材にお金かけても無駄ですからね。重要なのは商品のクオリティです。

SBDパワーリフティングベルトのクオリティ

SBDパワーリフティングベルト_02

SBDパワーリフティングベルトは、非常に完成度が高いです。

上画像を見て分かる通り、ベルトの表側は光沢のある黒い塗料でペイントされてあり、内側は高級絨毯のような質感で、腹部のフィット感は良さそうです。

 

SBDパワーリフティングベルト_06

留め金のバックルは鉄製でかなり頑丈にできています。

6角ネジでしっかりとベルトに固定されていますので、思いっきりキツく締めて、腹圧をかけて高重量でスクワットしてもバックルが外れるようなことはなさそうです。

SBDパワーリフティングベルトの硬さ

SBDパワーリフティングベルト_05

SBDパワーリフティングベルトは非常に固いと聞いていたのですが、イメージしていたよりは固くありませんでした。

上画像のようにクルッと一巻きするのに、そんなに力は必要ありません。素直に曲がります。

 

SBDパワーリフティングベルト_03

ただ、イメージしていたよりは固くなかったとは言え、柔らかいわけではありません。なにせ、約1.3cmほどの厚みがありますからね。

ですので、使用前にクルクルと丸めては伸ばしてをくりかえしで、ある程度 鞣して(なめして)おいたほうが使いやすいと思います。

ちなみに、SBDパワーリフティングベルトは、横方向には柔軟に丸まりますが、縦方向にはほぼ丸まりません。この特性が、人によっては使いづらいと感じるかも知れません。この点に関しては後述します。

SBDパワーリフティングベルトのサイズ感

SBDパワーリフティングベルト_07

冒頭でも書きましたが、私のウェストは85cmです。(身長は約180cm程度、体重は約75kg程度)

ウェスト85cmは、SBDパワーリフティングベルトのMサイズとLサイズのどちらのサイズでも適正と判断されてしまうんですよね。(詳しくは過去記事のSBDパワーリフティングベルトのサイズガイドを参照してください)

ですので、Mサイズを買うかLサイズを買うか非常に迷ったんですが、最終的にMサイズを購入して正解でした。

私の場合、合計9個ある穴の内側から5番目の穴(ちょうど真ん中)にバックルをセットして締めると、ガチッと腹部が固定されます。これでキツく締め上げた状態になります。

これなら、増量しても外側の残りの4つの穴で対応できますし、減量しても内側の残り4つの穴で対応できます。ジャストサイズです。

もし、Lサイズのベルトを購入していたら、おそらくベルトが長すぎて使いづらかったでしょうし、減量時に対応できなかった可能性もあります。

もちろん、10〜20kg増量する予定がある人は、あえてLサイズを購入しておくのも一つの手かもしれませんが、私の場合は増量しても10kg程度です。いまのところは90kg以上になることは望んでいません。

もし、90kg以上に増量したら…、まぁムキムキになるかもしれませんが、着る服なくなりますからね。80〜85kgで体脂肪10〜13%になればOKかなと思っています。

SBDパワーリフティングベルトのデメリット

SBDパワーリフティングベルト_04

SBDパワーリフティングベルトのちょっと気になる点に関しても書いておきます。

SBDパワーリフティングベルトを鞣しているときに気づいたんですが、ベルトの内側の短い毛がポロポロと落ちます

おそらく、ある程度使い込めば毛は落ちなくなると思いますが、はじめのうちは洋服に短い毛が付着するかも知れません。

気になる方は、使用前にブラッシングするなどして、毛を落として置くほうがいいと思います。

あと、SBDパワーリフティングベルトの縦幅は約10cmほどあるんですが、人によってはこの縦幅が問題になるかも知れません。なぜなら、腹部に巻いたときにベルトの上部が肋骨の下部に当たるからです。結構痛いです。

SBDパワーリフティングベルトは、横方向には丸まりますが、縦方向にはほぼ丸まりません。ですので、腰骨と肋骨との間が狭い人は、SBDパワーリフティングベルトを巻いたときに肋骨の下部がベルトの上部に当たって痛くて使えない可能性があります。

もしかすると、SBDパワーリフティングベルトを使い込んでいくと、縦方向にも丸まるようになってくるのかもしれません。そうであれば、この問題は一時的なもので特に問題はないと思います。

私の場合、肋骨の下部にベルトが当たって痛いときもあれば、そうでないときもあります。なので、ギリギリ問題ない範囲で使えそうではあります。

おわりに

取り急ぎSBDパワーリフティングベルトの装着感やサイズ感、質感などをレビューしました。

ただ、まだSBDパワーリフティングベルトを巻いて筋トレしていませんので、実際にSBDパワーリフティングベルトを巻いてスクワットやデッドリフトをした後に気づいたことがあれば、追加で記事を書きたいと思います。

おそらく、腹部をガッチリ固定して筋トレできるようになるので、怪我のリスクを低減しつつ、より高重量を扱えるようになるでしょう。今週の筋トレが楽しみです。

created by Rinker
ムービック(Movic)

※上記リンク先の商品は、旧型のSBDベルトです。最新のSBDパワーリフティングベルトはSBD公式サイトで購入できます。

 

※追記
SBDパワーリフティングベルト使用後のレビュー記事を書きました。
SBDパワーリフティングベルトを巻いて筋トレした後のレビュー

 

※追記
noteに記事を移行させました。
SBDパワーリフティングベルト購入後のレビュー(Mサイズ)

-筋トレ, 健康

© 2021 トラベルノマド