筋トレ 健康

BIG3すべて100kg達成めざしてSBDベルトを購入しました。

コツコツと筋トレを継続しています。

まだまだボディービルダーやフィジーカーのような体つきではないですが、ある程度筋肉がついてきたようで、BIG3(ベンチプレス、スクワット、デッドリフト)の重量が増えてきました。

現在の私のBIG3の記録は以下のとおりです。

BIG3の記録

  • ベンチプレス:65Kg(9回✕1セット+6回3セット)
  • スクワット:97.5Kg(8回✕3セット)
  • デッドリフト:100Kg(8回✕3セット)

ベンチプレスは全然伸びないのですが、スクワットとデッドリフトの重量は順調に伸びてきています。

スクワットとデッドリフトをするときは、いつもジムに置いてあるベルトを巻いています。ジム利用者であれば誰でも無料で使えるものです。

ただ、90kgを超えたあたりから、ジム利用者用のベルトではしっかり腹部と腰回りが固定されなくて不安になってきました。

腰(脊髄)は一度ケガしてしまうと、一生治らない可能性があるばかりか、歩けなくなる可能性もあります

ですので、今後も重量を増やして筋トレを続けて行くことを考えると、本格的なベルトを買っておくべきだという結論に至りました。

SBDパワーリフティングベルト購入

筋トレ用のベルトは色々ありますが、上動画で筋トレyoutuberのshoさんがおすすめされている通り、ヘビーな重量を扱う人は、最終的にSBDベルトに行き着くそうです。

ということで、SBDのベルトを購入することにしました。

動画内でも言及されているとおり、約3万円もするのでちょっと高いですが、安物買いの銭失いになるよりは、最も良いものを長期間使うほうが良いと思います。

SBDベルトは売り切れやすい

ちなみに、SBDベルトは本格的に筋トレする人達に大人気で、売り切れてしまっていることが多いです。

ただ、最近SBDベルトは「SBDパワーリフティングベルト」という名称でリニューアルされたようで、在庫が豊富です。

記事執筆時点では、すべてのサイズの在庫があります。入荷待ちなしで購入できます。

SBD パワーリフティングベルト | SBD Apparel Japan

 

SBDのベルトはAmazonや楽天でも売っていますが、公式サイトから買うほうがいいです。公式サイトの方が約5000円ほど安く買えますので、公式サイトの在庫がなくならない限りは、公式サイトから購入されるのをおすすめします。

(※記事執筆時点では、Amazonと楽天に出品されているSBDベルトは、リニューアルされた新型ではなく旧型です。ご注意ください。)

created by Rinker
ムービック(Movic)

SBDベルトのサイズ選びは難しい…

SBDベルトのサイズの選び方

SBDパワーリフティングベルトは、XS〜5XLまでサイズのバリエーションがあります。

 

SBDベルトのサイズの選び方_02

ウェストのサイズによって自分に合うサイズが異なりますので、上画像のウェスト計測法に従って、自分に合うサイズを購入する必要があります。

私の場合、ウェストが85cmだったので、SBDパワーリフティングベルトのLサイズかMサイズかで非常に悩みました。ウェスト85cmって、どちらのサイズにも合ってしまうサイズなんですよね…。

最終的にMサイズを購入することにしましたが、実際に試してみるまではMサイズで良かったのかどうかわかりません。

SBDベルトが届き次第、サイズ感に関して記事を書く予定ですので、SBDベルトのサイズ選びで迷っている人は参考にしてみてください。

おわりに

確かにSBDのベルトは高いですが、高重量の筋トレで脊髄をケガして歩けなくなるリスクを考えると、多少お金をかけてでも良いベルトを買っておくべきだと思います。

私の場合もう若くないですし、怪我のリスクは若い人より大きいですので、結局買ってよかったと思っています。

SBDベルト巻いて筋トレするのが楽しみです。

created by Rinker
ムービック(Movic)

▼SBDパワーリフティングベルト購入後のレビュー
SBDパワーリフティングベルト購入後のレビュー(Mサイズ)

※追記
noteに記事を移行させました。
BIG3すべて100kg達成めざしてSBDベルトを購入しました。

-筋トレ, 健康

© 2021 トラベルノマド