投資 投資法の研究

QVT投資の配当利回りはいくらか?

私が推奨しているQVT投資の配当利回りを計算しましたので、本記事にまとめておきます。

私は最終的にQVT投資の配当だけで生活することを目標にしていますので、QVT投資配当利回りを知っておくことは重要です。

結論から言うと、QVT投資の配当利回りはそこまで高くないが、株価上昇率が高いので、長期間投資すれば生活するのに十分な配当はもらえそうです。

QVT投資のポートフォリオ比率

QVT投資は、個々人のリスク許容度に応じて、QQQ・VTI・TLTに投資する投資方法です。

私は管理しやすいように、QQQ33%・VTI33%・TLT33%で投資するのをおすすめしていますが、好みに応じてテック株中心のQQQの割合を増やしてもOKです。

ただ、配当利回りはTLT>VTI>QQQの順で少なくなっていきますので、配当利回りを重視する人はその点も考慮しておく必要があります。

個人的には、QQQに多めに投資して運用資産総額を増やしたいと考えています。ですので、本記事ではQQQ40%・VTI30%・TLT30%に投資することを前提に配当利回りを計算します。

記事末にQQQ・VTI・TLTの保有比率を変えた場合の配当利回りも記載しています。

QQQ・VTI・TLTそれぞれの配当利回り

QQQ・VTI・TLTの配当利回りは、上昇または下落相場によって変わります。なので、10年間の平均配当利回りを基準にします。

QQQの10年間の平均配当利回り

QQQ平均配当利回り

参考:高分配金ETF(海外):利回りランキング

QQQの10年間(2011-2020年)の配当利回りは1.11%です。

ざっくり計算できればいいので、QQQの平均配当利回りは1%とします。

VTIの10年間の平均配当利回り

VTI平均配当利回り

参考:高分配金ETF(海外):利回りランキング

VTIの10年間(2011-2020年)の配当利回りは2.05%です。

ざっくり計算できればいいので、VTIの平均配当利回りは2%とします。

TLTの10年間の平均配当利回り

TLT平均配当利回り

参考:高分配金ETF(海外):利回りランキング

TLTの10年間(2011-2020年)の配当利回りは2.75%です。

ざっくり計算できればいいので、TLTの平均配当利回りは2.7%とします。

まとめると、QQQ・VTI・TLTそれぞれの平均配当利回りは…

  • QQQ:1%
  • VTI:2%
  • TLT:2.7%

となります。

上記の配当利回りに、QQQ・VTI・TLTそれぞれの保有比率を掛けて、QVT投資のポートフォリオ全体の配当利回りを算出します。

QVT投資の配当利回り

QVT投資をQQQ40%・VTI30%・TLT30%の保有比率で行う場合、ポートフォリオ全体の配当利回りは以下のようになります。

100 ✕ QQQ40% ✕ 0.01 = 0.4
100 ✕ VTI30% ✕ 0.02 = 0.6
100 ✕ TLT30% ✕ 0.027 = 0.81
(0.4 + 0.6 + 0.81)÷  100 = 1.81%

よって、QQQ40%・VTI30%・TLT30%の保有比率でQVT投資を行った場合の、ポートフォリオ全体の配当利回りは1.81%となります。

QVT投資で月20万円の配当をもらうのに必要な運用資産総額

1.81%の配当利回りで、月20万円の配当利回りを受け取るには…

 

20万円 ÷ 0.0181 ÷ 0.8 × 12ヶ月 = 1億6574万5856円
(※0.8掛けているのは売却税20%を差し引くためです)

 

ということで、QVT投資の運用資産総額が1億6574万5856円に達したとき、月20万円の配当金が受け取れます。

ちなみに、月50万円の配当金を受け取るには、4億1436万4641円の運用資産総額が必要になります。

月100万円の配当金を受け取るには、8億2872万9282円の運用資産総額が必要になります。

QVT投資で月20万円の配当をもらうのに必要な積立投資額と積立期間

QVT投資で月20万円の配当をもらうのには、1億6574万5856円が必要だとわかりました。

では、0円から1億6574万5856円貯めるのには、どのくらいの期間、いくら積立投資し続ければいいのでしょうか?

下記記事のシュミレーション上では、QVT投資の年間平均リターンは約12%と算出されています。

QQQ・VTI・TLTのシンプルポートフォリオでS&Pのリターンを超える方法(QVT投資法)

かりに、年利12%で運用できるとした場合…

 

QVT投資で月20万円の配当をもらうシュミレーション_年利12%の場合

参考:金融電卓

30年間 毎月45800円積立投資し続ければ、月20万円の配当を受け取れます。

30歳前後で積立投資を開始できれば、60歳になったころには、年金とは別にQVT投資から月20万円の配当を受け取れます。

毎月約5万円積立投資し続けるのは簡単とは言わないまでも、十分実現可能に思えます。

もし、年利10%で運用できた場合は…

 

QVT投資で月20万円の配当をもらうシュミレーション_年利10%の場合

30年間 毎月71500円積立投資し続ける必要があります。

毎月7万円積立投資し続けるのは結構ハードですが、それでも実現不可能なほどではないように感じます。副業で毎月これくらい稼いでいる方もいらっしゃいますので。

当然ですが、年利12%のシュミレーションも年利10%のシュミレーションも、0円から積立投資することを前提にしていますので、もし既に投資に回せるお金が十分にあるのであれば、毎月の積立投資額は減らせますし、投資期間も縮めることができます。

S&P500に長期積立投資した場合の年率平均リターンが、年利10%と言われています。

参考:S&P500は世界最強の株価指数!業績相場に挑む米国株式 | トウシル 楽天証券の投資情報メディア

おまけ:QVT投資のポートフォリオ比率を変えた場合の配当利回り

QVT投資をQQQ33%・VTI33%・TLT34%の保有比率で行う場合、ポートフォリオ全体の配当利回りは以下のようになります。

100 ✕ QQQ33% ✕ 0.01 = 0.33
100 ✕ VTI33% ✕ 0.02 = 0.66
100 ✕ TLT34% ✕ 0.027 = 0.918
(0.33 + 0.66 + 0.918)÷  100 = 1.908%

配当利回り:1.908%

 

QVT投資をQQQ40%・VTI30%・TLT30%の保有比率で行う場合、ポートフォリオ全体の配当利回りは以下のようになります。

100 ✕ QQQ40% ✕ 0.01 = 0.4
100 ✕ VTI30% ✕ 0.02 = 0.6
100 ✕ TLT30% ✕ 0.027 = 0.81
(0.4 + 0.6 + 0.81)÷  100 = 1.81%

配当利回り:1.81%

 

QVT投資をQQQ30%・VTI40%・TLT30%の保有比率で行う場合、ポートフォリオ全体の配当利回りは以下のようになります。

100 ✕ QQQ30% ✕ 0.01 = 0.3
100 ✕ VTI40% ✕ 0.02 = 0.8
100 ✕ TLT30% ✕ 0.027 = 0.81
(0.3 + 0.8 + 0.81)÷  100 = 1.91%

配当利回り:1.91%

 

QVT投資をQQQ50%・VTI20%・TLT30%の保有比率で行う場合、ポートフォリオ全体の配当利回りは以下のようになります。

100 ✕ QQQ50% ✕ 0.01 = 0.5
100 ✕ VTI20% ✕ 0.02 = 0.4
100 ✕ TLT30% ✕ 0.027 = 0.81
(0.5 + 0.4 + 0.81)÷  100 = 1.71%

配当利回り:1.71%

 

QVT投資をQQQ20%・VTI50%・TLT30%の保有比率で行う場合、ポートフォリオ全体の配当利回りは以下のようになります。

100 ✕ QQQ20% ✕ 0.01 = 0.2
100 ✕ VTI50% ✕ 0.02 = 1
100 ✕ TLT30% ✕ 0.027 = 0.81
(0.2 + 1 + 0.81)÷  100 = 2.01%

配当利回り:2.01%

-投資, 投資法の研究

© 2021 トラベルノマド