国内旅行 旅行

春の旅行に最適!桜が咲き乱れる京都の「哲学の道」へ行ってきました。

いまは3月末なので、春と言うには少し早いですが、もうすでにが咲き始めています。

桜は雨が降ってしまうと散りかねないので、若干時期尚早ですが、春の桜を見に京都哲学の道に行ってきました。

哲学の道とは?

哲学の道_01

哲学の道とは、京都大学の近くにある小川沿いの道のことです。

京大の哲学者が思想にふけりながらこの道を行き来したそうで、それが由来で「哲学の道」と呼ばれています。ま、名前の由来は諸説あるそうですが、極論、そんなことはどうでもいいです。著名な哲学者たちと同じ道を歩いてみたいという人が、哲学の道に行くわけではないので…。

哲学の道に行く人の多くは、桜が見たいから行きます

哲学の道は小川沿いに数キロあるのですが、その道ほぼ全て桜が植えられているんですね。で、春になるとその桜が咲き乱れます。満開の桜に囲まれつつ、鳥のさえずりや春の香りを楽しみながら散歩できるわけです。こりゃ行くっきゃないでしょう。

美しい桜をご覧あれ

哲学の道_02

こちらが哲学の道の桜です。

やはり時期的に少し早かったようで、満開の桜とは行きませんでしたが、6〜7分咲きぐらいにはなってるかな?

 

哲学の道_03

場所によっては、8分咲きになってる桜もありました。

 

哲学の道_04

可能であれば4月中旬頃に行きたかったですが、まぁ、天気予報では明日雨でしたし、雨が降ってしまうと桜は散っちゃうので、8分咲きの桜が見れただけでもOKとしましょう。

 

哲学の道_05

桜って、1種類だけではなくて、いろんな種類の桜があるっぽいです。

 

哲学の道_06

ピンク色っぽいものありましたし、純白っぽいものありました。

桜って、なんといいますか、優しい美しさですね。主張しすぎないところが、なんとなく京都っぽくていい感じ。

哲学の道に旅行する人はご注意を!

ちなみに、冒頭でも書きましたが、哲学の道は数キロあります。平坦な道ですので歩きやすいですが、とはいえ結構しんどいです。水分補給は必ずしておきましょう。

哲学の道にコンビニはありませんので、近くのコンビニか自販でペットボトルを買っておくのをおすすめします。

あと、近くに電車の駅はありません。電車で行く場合は、最寄りの駅からバスかタクシーで哲学の道に行くことになると思いますので、交通費はある程度かかります。(歩いてもいけますが、40〜60分前後歩くことになるかと思います)

ただ、交通費をある程度払ってでも行く価値はあると思います。4月中旬のベストシーズンは特に。

春に京都に行く際は、ぜひ一度哲学の道に行ってみるのをおすすめします。

おまけ

哲学の道_07

ねこもいました。(餌をやるのは禁止です)

-国内旅行, 旅行

© 2021 トラベルノマド