投資

株価を見ない練習

2022/01/09のSP500

上画像は、2021/12/31~2022/01/09のS&P500の株価の推移です。

去年の年末に、個別株投資を卒業する個別株投資を卒業するといってから、株価が勢いよく下がっています。

2021/12/31から個別株投資用の証券口座にはログインしていませんので、放置した個別株がどれだけ損失を被っているのか不明です。

まぁ、まだ利上げが実施されたわけではないですし、今年中に3〜4回の利上げが実施される予定ですから、米国株はここからさらに下がるでしょう。私の個別株ポートフォリオは小型ハイグロース株中心ですから、最悪 現時点から-50%は覚悟しないといけないかもしれません。

しかし、私は売りません。10年間は放置するつもりです。半ば実験のつもりで放置してます。毎日 株価やマーケットニュースに踊らされて売買を繰り返す場合と、そういった情報をフルシカトして放置した場合とでは、後者の方がリターンが高く、心身にも良い影響があるのではないか?というのが私の仮定です。

もちろん、前者と後者は比較できません。なぜなら、どちらか一方しか選択できないからです。

でも、前者がストレスフルなのはやらなくてもわかります。また、たとえ保有株が10年間で10倍になったとしても、そのストレスフルな毎日をカバーできるような価値はないだろうと、私は考えています。

なので、現在保有している小型ハイグロース株を放置し続けます。売却しません。たとえ10年後に2〜3倍しか増えていなくても、ストレスフルな毎日を送らなくて良いので、総合的に考えると、放置した方がメリットが大きいと思います。

もし、10年間で増えないばかりか資産が減っていたら…?

それはそれで良い経験です。残りの人生は完全に個別株から撤退し、ETF投資しかしないと割り切れます。

ま、今年の相場は荒れそうですからね。ガン無視して長期目線で気長に待ちます。これまで約1〜2年間、毎日株価をチェックしていたので、チェックしない日々が少し辛いです(スマホ病みたいなもんです)。でも、じきに慣れるでしょう。

株価は気にせず、自分の市場価値を上げるために、英語や副業(もちろん本業にも)に注力していくつもりです。

-投資