英語

基礎から英文法を学び直すのにおすすめの問題集

海外旅行で苦労しないように、オンライン英会話を続けてます。

ただ、どうも私は英文法が全然わかっていないようです。適当に英単語をつなぎ合わせて、何となくそれっぽい英文(文法的に間違っている英文)を作っているだけようです。なので、単語の並びや冠詞、前置詞をよく間違えます。

これではいつまでたっても英会話が上達しません。間違ったフォームで筋トレを続けているようなものです。

ということで、基礎から英文法を学び直すために、英文法問題集をやることにしました。

リケジョの相談室(ゆばしおり)おすすめの英文法問題集

英文法問題集は、Youtubeで大学受験勉強に関するコンテンツをUPされている「ゆばしおり」さんおすすめの「英文法 レベル別問題集」を使うことにしました。

しおりさんいわく、一番やさしいものからはじめるのがよいとのことなので、いわれるがまま「英文法レベル別問題集 1超基礎編」を購入!

スキマ時間にコツコツやりつづけて、約1ヶ月で一通りやりきりました。(集中してやればおそらく1週間前後でやりきれるボリュームです)

英文法の基礎の基礎を学び直すための問題集なので、一応全項目合格点はとれましたが、間違ってしまったところもちらほらありました。

以下に復習も兼ねて、間違った部分をメモしておきます。

「英文法レベル別問題集 1超基礎編」で間違ったところ

■He usually goes for a walk early in the morning.

goes for a walkをtake a walkにしてしまった。

■Tom usually leaves home for school at seven.
Tom usually leaves home at seven for school.にしてしまった。

■He cannot be hungry, because he has just had lunch.
彼はさっき昼食を食べたばかりなので、お腹が減っているはずがない。という意味の文章なのに、全く逆の意味の He must be hungry, because… にしてしまった。

■No one was able to see the star.

Vできた(was able to ~)を思い付けず、1語補足しての文の並べ替えができなかった。
No one see the star…で思考がストップしてしまった。

■Your eyes are blue and mine are dark.
“mine”を”mine’s”にしてしまった。 mine は複数形にならない。

■I met Bobby in town the other day.

the other day は、「先日、この前」という意味の熟語。この熟語を知らないために、正しい答えを選択できなかった。

■The bananas in the box are better than those on the table.
複数形の“バナナ”を代名詞の「those」で受けられると知らなかった。

■There’s something wrong with my CD player.
否定英ではないので anything ではなく something なのに、 anything を使ってしまった。
(There is something wrong with ~ は、「〜はどこかおかしい」と言う意味)

■I was spoken to by a stranger in front of the bank.

“to by”を”to”にしてしまった。
肯定文は「A stranger speak to my in front of the bank.」。受動態にするときに、勝手にspeak to ~のto ~ を略してしまってはいけない。また、byをつけ忘れてもいけない。

■The cat is sometimes taken care of by my daughter.

take care of ~の受動態。肯定文は「My daughter sometimes takes care of the cat. 」。
受動態にするときにbyをつけ忘れてしまった。

■The door should not be left open.

You should not leave the door open.の受動態。
leave ~ open.の受動態は~ be left open.になる。
「ドアを開けっぱなしにしてはいけない」という日本文に引っ張られて、Should not から英文を作ろうとしてしまい、正確な英文を作れなかった。

■He was laughed at by all his classmates.
肯定文は、All his classmates laughed at him.「laugh at ~」は「〜を笑う」の熟語。
受動態にするときに、”at”を削除してしまってはいけない。
そもそもlaugh at ~という熟語を知らなかったために at をつけられなかった。

■My brother is the taller of the two.
「2つの中で1番」を表現するときに、「〇〇 is ~er than ■■」という比較級は使わない。
「the 比較級 of 2つのもの 」を使う。

■I would like to eat dinner earlier than usual this evening.
「比較級 than usual」は、「普段よりも〜」という重要表現。

■I told my son to study very hard.
「tell 〜 to V」は「〜にVするように言う」という意味。

■It is great fun to make good friends with foreign people.
「make friends with ~」は「〜と友達になる」という意味。

■We were surprised to learn the news.
「be surprised to V」で「Vして驚く」という意味。

■They are fond of playing baseball.
「be fond of ~」は「〜するのが好き」という意味。fondは形容詞で「好きな、好んで」の意味。

■Don’t be afraid of making mistakes.

「be afraid of ~」は「〜を恐れる」という意味。

■Can you read this English newspaper without using a dictionary.
「without ~」は「〜無しに」という意味。
「without Ving」で「Vすることなしに(Vせずに)」の意味。

■Do you think we’re going to be in time for the 6:00 bus?
「be in time for ~」で「〜に間に合う」の意味。
on timeは、「時間通り、ちょうど」の意味。

■It was her fortieth birthday yesterday.
4はfour。14はforty。40はfortieth。

■October is the tenth month of the year.
8月をOctoberだと勘違いしてしまい、解けなかった。
タコのあしは8本だから、8月はOctopusのOctoberと覚えていたが、完全に勘違いだった。
8月はAugust。
1月:January(Jan.)
2月:February(Feb.)
3月:March(Mar.)
4月:April(Apr.)
5月:May(May)
6月:June(Jun.)
7月:July(Jul.)
8月:August(Aug.)
9月:September(Sep.)
10月:October(Oct.)
11月:November(Nov.)
12月:December(Dec.)

■It is important for you to help your parents at home.
It is … (for ~) to V は、「(〜が)Vするのは…だ」の意味。

 

以上になります。

英文法レベル別問題集シリーズは、1〜6まであるのですが、6は超難関大学合格用なので…まぁ、そこまで必要ないかなと。

日常英会話を習得する程度であれば、おそらく3〜5あたりまでで十分かなと思います。

できれば今年中に「英文法レベル別問題集 5」までやりきりたいところです。

ということで、オンライン英会話に加えて、英文法問題集もコツコツやっていきます。

-英語

© 2021 トラベルノマド